治験コーディネーター 淋病検査
MENU

肺炎を引き起こす新型インフルエンザ!

 

 

 

 

 

 

 2009年に発生した新型インフルエンザは、
 子どもから、働き盛りの比較的若い世代に、
 重篤な肺炎を起こす可能性がある感染症として、
 認知が進んでいる。

 

 

 そもそも季節性インフルエンザでは、ウイルス性の肺炎は、
 ほとんど見られないはずで、仮に、肺炎が起きたとしても、
 その場合は、インフルエンザで弱った肺に、他の細菌が感染して、
 引き起こす、二次性肺炎であった。

 

 

 従って、患者の大半は免疫が低下している、高齢者、
 ということが多かったが、新型インフルエンザによるウイルス性肺炎は、
 若年層を中心に、どの世代も罹患するのが特徴だ。

 

 

 二次性肺炎よりも治療が難しく、命にかかわることも少なくない。

 

 

 しかし、これらのことは、新型インフルエンザウイルスが、
 人間の体内に来てから、まだ時間があまり経っていないため、
 という研究成果もある。

 

 

 なぜなら、伝播する特徴を持つインフルエンザウイルスは、
 通常、感染している人の上気道から飛び出して、
 他の人の上気道に移るのが、普通だが、肺から飛び出して、
 他の人の肺にまで到達するのは、非常に困難だからだ。

 

 

 従って、今は、肺炎を引き起こす新型インフルエンザも、
 時間が経てば、普通の季節型インフルエンザになる可能性がある。

 

 

 ウイルスの変異といえば、どんどん悪くなっていくことばかりを、
 想像しがちだが、人間の免疫力や回復力を信じ、
 自己免疫力を高める医療が人気を集めているのも、
 こうした部分があるからかもしれない。

 

 

 しかし、致死率の高い、”鳥インフルエンザ” が、
 いつ人間から人間へ、効率よく伝播しないとも限らない。

 

 

 そんなことが起これば、かなりの被害になるだろう。
 そうならないよう、研究が進むことを願うばかりだ。

 

 

 

更新履歴